コンテンツヘッド.jpg

開発者の紹介

「ナンバ式」減算歩数計開発者

大黒屋 宏芳 プロフィール

1947年 北海道生まれ。順天堂大学体育学部卒業。2000年「歩行道(あるきどう)」普及協会を設立、ナンバ歩きの実践の普及に努めている。
著書に「ナンバ歩き奇跡のパワー」(さんが出版)ほか

限定150人の共鳴者育成を目標とし、全国47都道府県の人間が歩く、自然道「歩行道」(あるきどう)を発掘する事を目指す「日本人」探求の旅の会を主催。将来的には天変地異の際に避難道と成り得る道を整備する事を目的とし、日々自己研鑽に邁進する事を基本としている会です。現在会員を募集中です、ご興味のある方はこちらまでお問い合わせ下さい。

本2.jpg著書:
ナンバ歩き奇跡のパワー 脳を鍛えるウォーキング
出版社: さんが出版
出版日: 2003/12
assocbutt_gr_detail._V371070194_.png

oguroya002.jpg